江戸の民

2006年01月06日

戦国の武将たち

正月のドラマや時代劇ではいろいろな将軍や武士がでてくるが

昔の人は覚悟が現代人とはちがう


予備校の先生が

わたし受験に失敗したら切腹だ〜とかいってましたが

確かに何かするごとに腹を切るというあの習慣はすごいと思います

怖い 麻酔もないのにようやるわ(笑)

受験に落ちて本当に自分をどうしようもない人間だと思ってしまった。

今考えるといい大学にいっても年収が勝負になる資本主義社会といっても過言ではない


戦国時代の下克上とかは本当にすごい

豊臣秀吉は有名だが
相当なきれものだ

人生は波乱万丈だ この先何が起こるかわからないので人生十年だと決めてがんばることにする。負ければ切腹 覚悟をこれくらいきめなければ。。

世の中に名を残すことなんでできやしない。。。目
posted by 身分制度 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

福袋
Excerpt: 自分は丑年なのでトラは使わないことにしとこう福袋を買いにいったのだけれどやっぱりたくさんものが入ってはいたが気に入るものがあまりなかった、 残念だが期待はずれといってもおかしくない中身が見えたらどん..
Weblog: 南国風熊さんの日記
Tracked: 2006-01-06 02:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。